デジタル印刷のバリエーション

デジタル印刷で使用する印刷機は、有版と無版があり、有版の場合でも、面付けされた出力用データを、イメージセッターでレーザー露光して製版フィルムを出力 し、次いでそのフィルムをPS版に密着して焼き付けて 刷版を作成する方法(CTF) と、出力用データを、 CT Pプレートと呼ばれる刷版に焼き付けた状態で出力す る方法(CTP)があります。 CTPはCTFよりは工程が短縮されるとともに、フィルムに起因する品質不良が派生しないというメリッ トがあるため、現在はCTP方式の方が、デジタ ル印刷 としては一般化している方式です。

 

オンデマンド印刷

無版方式は、 刷版を作成することなくデジタル組版 データからダイレクトに、かつ必要なときに、 必要なものを、必要な量だけ作成することから、 オンデマンド印刷と呼ばれています。これはカラーコピーやパソコンの プリンターの進歩によって、家庭や職場でも簡単に印刷 できるようになったことが背景にあります。

オンデマンド印刷の利点とし て、ページ物でも 一枚物の印刷でも、 小ロ ットの 印刷を可能にしたことと、 印刷物の完成までの所要時間が短いこと、デジタルデータをもとにしているためインターネッ トでの活用ができるこ となどが挙げられます。 また、エクセルファイルなどデータベースを可変的に活用することにより、 印刷するぺージの一枚一枚に対して、写真や文章を自由自在に差し替えたバリアブル印刷の実現を可能にしました。 これにより、販促ツールなどでも、個人によって異な るカタログやDMの製作を可能にしています。