多品種少量時代の印刷技術

デジタル技術によって実現したオンデマンド印刷は、多品種少量印闘を可能にするとともに、出版業界 など印刷産業と密接な関係にある産業界においても、新しいビジネスモデルを作りあげました。

 

オンデマンド出版

オンデマンド印刷は基本的には従来の印刷方法ではなく、新 しく開発されたデジタル印刷機を用いて印刷されるものであることから、 印刷関連ビジネスにおいても、 新しい発想と切り口によるニュービジネスが誕生してき ています。その代表的なものがオンデマンド出版で、デジタル化 によって、ページ物の印刷でもプロセス印刷とは比較にならないほど短時間で、かつ一部だけでも印刷・ 製本が可能なことから、新しい出版ビジネスを生み出してきています。また、 DTPによる印刷 デー タを持ち込みあるいはネッ ト送信するビジネスも登場してきています。

 

インターネットによる入稿

オンデマンド印刷は小ロット・短納期といった印刷形態から、バリアブル印刷などの無版印刷の強みを生かし たダイレクトメール印刷などにも応用され、帳票印刷に シフトする会社も増えています。 オンデマンド印刷に関連して、 CTP印刷という言葉も一般化してきました。plateは刷版のごとですが、入校データを基にコンピューター から、製版フィルムを起こすこと無く直接刷版を作成する仕組みです。 また、デジタル化によって、印刷データの入稿もかつ てのように生原稿だけでなく、 MO やCDIRといったメディアや最近ではかなり大きな容量のデータでもインターネ ット経由で入稿が可能になったことから、ネッ ト 専業の印刷会社も増えてきました。 ネット専業の印刷会社は、営業のコストダウンを価格に反映させることが可能で、多品種少量と早期納品のほかに、低価格を武器にしての営業展開を活発に行ってき ています。