悪徳な出版社の手口

自費出版を行っている出版社の中でも、悪徳なものがあります。

例えば契約内容が不明瞭である場合や、相場より極端に金額が高い場合などがあるそうです。契約内容に関しては、例えば書店流通を約束していたものの、実際には契約書に記されていないという場合です。

急いで契約を結ばされそうになってもまずは契約内容をきちんと確認し、怪しい点がないかを確認する必要があるでしょう。話を聞く前に、初めにインターネットで検索をして、その出版社の口コミを確認するという方法もあります。評判の良い出版社を選んでおけば、問題は起きにくくなると言えるでしょう。

自費出版のよくある手口として、もうひとつは共同出版を持ち掛ける、というケースがあるそうです。自費出版は全ての費用は自分で支払って本を制作しますが、共同出版は出版社がいくらかの出資をして、共同という形で出版を行うそうです。そのため、自費出版よりも安くなる傾向にあるそうです。

これは小説の分野が特に多いそうですが、まず賞金の出る公募を行い、そこで落選をした人に対して「賞には届かなかったが将来性を感じた、共同出版と言う形でなら出版したい」などと話を持ち掛けるそうです。話を出された人は「賞に届かなかったが実力を認められた、出版社にお金を出してもらえる」と喜んでしまい承諾してしまうという流れだそうです。

しかし共同出版は、初めから出版社が高い値段設定をしている場合、自費出版とほとんど費用の普段額が変わらなくなってしまうそうです。本当に将来性のあるもの、出版したいと思ってもらえるものであれば、こちらがお金を払う必要はないはずです。話を持ち掛けられた時には、本当に共同出版をしても良いのかよく考える必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です