本の綴じ方

紙媒体として自費出版を行う場合には、当然ながら印刷後に製本をする工程が発生します。製本は大きく分けると、上製本と並製本の二種類があります。上製本はその名の通り上質なためしっかりした作りとなりますが、その分コストが掛かります。並製本は簡易的な作りになる場合が多いですが、コストが安く早めに完成するそうです。

上製本に用いられるものには、糸かがり綴じというものがあります。これは背表紙に糸を通して固定をしているため、糸の部分まで大きくページを開くことができます。例えば写真集や写真の載った図鑑などに使われます。また、写真などを片面印刷し、半分に折った接着面を貼り付けして製本したものをアルバム仕上げといいます。折っているためにページが分厚く、こちらも上製本のうちのひとつです。ページ数の少ないアルバムなどに向いているそうです。

並製本で一般的なものは中綴じと言われ、ページごとに折った紙を針金で固定します。薄めで少しページのあるパンフレットに向いており、安価で大量生産がしやすいです。パンフレットよりページが多い場合は、平綴じという方法を使います。背表紙を針金固定するのに加えて、さらに糊付けをしています。更に文庫本ほどの厚みを持つ場合は針金などを使用しない無線綴じという方法になるそうです。他にも針金も糊も使わないミシン綴じという方法や、穴を開けてリングに通すという方法もあるそうです。一般的な方法以外は、基本的には費用が高くなるということは共通しているようです。

自費出版をする時には、自分の制作したい物に合わせて綴じ方も考えなくてはいけません。ページ数と費用を考えながら、自分に合った方法を選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です