原稿つくりのコツ

自分史をはじめとした自費出版において原稿作りとはどのように行えばいいのでしょうか。
原稿作りは手書き原稿とデジタル原稿があると思いますが、それぞれによって制作のコツも変わってくるのではないでしょうか。
それぞれの場合についてみていきましょう。

手書き原稿の場合において、まとめにくくならないように同じ原稿用紙は使ったほうがよさそうですね。
あとで編集者が文字を読んで入力することを考えるとミスが起きないためにも1マスに1文字をしっかりと見やすい字面で書いていきたいですね。
何度も書き直したりすることもあるかもしれませんがその場合は新しい用紙で再度記入してしまったほうが後々のトラブルとそれにかかる時間を考えてもいいのかもしれません。
原稿用紙には通し番号をつけておかないと順番がわからないので、必ずつけておきましょう。
写真やイラストの挿入部分は指示書きも必要ですね。
デジタル原稿の場合はどうでしょうか。
近年だと手書き原稿よりも著者がパソコンでデータを作ることのほうがメインになっていますね。
編集者さんもそれをそのまま文字データとして使用しちるのではないかと思います。
なので原稿に問題がなければ、すぐ編集者さんのパソコンに移行することができるのではないかと思います。
しかし完全に移行できるようにしておくにはフォーマットが違うかったりすることを避けるためにもデータはテキストデータだけにしておくほうがよさそうです。
また、バックアップをとっておくことやもっと気をきかせるならコピーした用紙も渡しておいたりファイル一覧のファイルを作っておいたりなどしてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です