フルサービスとセルフサービス

多様な自費出版システムを理解する上で、一つの大別方法があります。それが、フルサービスとセルフサービスです。フルサービスを提供している自費出版会社は主に大手で、著者から原稿を受け付けて以降、ほぼ全てを代行してくれます。印刷や流通は外注することが多く、オンデマンド印刷会社がそれらを担います。とにかく初心者の著者であれば、フルサービスを選択するのが無難です。もちろん代行業務が膨れ上がることから、著者の準備しなければならない初期費用は相当な額に上ります。登録料はもちろんのこと、各種手数料の負担を覚悟しなければなりません。しかし大手のオンデマンド印刷会社、取次業者の手に渡ることを考えれば、人によっては格安であると考えられるでしょう。手数料の負担分をどこかで埋め合わせる必要があるのですが、多くの著者は本の代金に反映させます。つまり印税を極限まで減らすことで対応するのです。初心者の場合、売上を度外視して、一人でも多くの読者の手に渡ることを優先するものです。売上を最初から期待する人は皆無に近いのです。もちろん敢えて代金を高額にすることもできますが、その場合は売れないことを承知の上で対応することになります。フルサービスの利点として大きいのは、著者はコストを覚悟するだけで済むこと、つまり時間を節約することに尽きます。換言すれば、時間を買っているのです。

 フルサービスに対し、著者の仕事量が増える選択肢が、セルフサービスです。執筆以外の工程を手掛けることを、あまり苦にしない著者であれば、コストを相当下げることが出来ます。素人の著者が書籍製作の一部に携わるということは、書籍の仕上がり、完成度は、それなりのものになってしまいます。それでも納得できる人、時間に余裕のある人は、セルフサービスを利用されるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です