セルフサービスの欠点と利潤最大化の可能性

自費出版の中でも、セルフサービスはコストを抑えられるため、経済的余裕のない著者、本の仕上がりの出来に拘らない著者にとっては、大変有難いオプションです。しかしデジタル書籍ファイルを自身で作成する必要があるため、自動作成ツールが必須となります。出版社によって取り扱いの有無があり、自分のデジタル化の能力に合わせて選ぶ手間が掛かります。しかし裏を返せば、自らDTPまでこなせるくらいの能力があれば、セルフサービス以外の手段は考えられません。コストを最小化することで、自費出版の収益は想像以上に膨らむことがあります。

 原稿執筆以降の製本化工程に携われる著者であれば、自費出版会社を選択する基準は次の3つです。一つは登録料、二つ目は一部当たりのコスト、三つ目は流通ルート規模です。要は、登録料が安く、一部当たりのコストも低く、それでいて流通ルートが十分確保されている自費出版社を探せばよいわけです。しかし残念ではありますが、そのような出版社は先ず存在しません。2点を満たすのが関の山です。そこでお勧めするのは、著者自身が出版社の役割を果たし、直接オンデマンド印刷会社と交渉することです。もちろん個人で交渉しようとしても相手にしてくれませんから、形だけでも自分の出版社を起業することになります。出版社の起業は簡単ではありませんが、能力と元手さえあれば、実現できます。晴れて出版社名が決まり、ISBNを取得できれば、オンデマンド印刷会社も喜んで交渉してくれます。

 但し、出版社を起業する上で、幾つかの条件が存在します。起業をするのにも時間、労力、少しばかりの資金が必要になります。ですからそれに見合った数の書籍を出版する予定が無ければなりません。思い付きで1冊だけ作ろうとする人は、向いていないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です