自費出版と書店

 自費出版で負担できる費用は限られるでしょうから、多くの初心者は初めから書店に並べてもらうことを諦めています。しかし実際は楽観視できるものです。書店への配本は、確かに売れ行きの見込みに基づいて行われますが、冊数にこだわらなければ、新刊は大体店頭に並べてもらえます。そして流通の事情に詳しい出版社であれば、上手く交渉してくれるため、著者は大船に乗ったつもりで依頼することが出来ます。流通に関しては、自費出版も商業出版も、基本的な方法において変わりません。主流は2大問屋を介して、書店やネット書店に配本してもらいます。この「問屋方式」はさらに2つの手段に分かれており、委託配本と注文配本とがあります。委託配本は問屋から自動的に配本されるもので、書店の注文は関係ありません。一方、注文配本は書店が注文しない限り、配本されることはありません。

 ではその他の流通方法にはどのようなものがあるのでしょうか。簡単に言えば問屋を通さず、直接書店に依頼する方式なのですが、この方式も幾つかの手段に分かれています。一つは、書店と棚(スペース)を単位とした契約を取り交わすことで、配本されるものです。当該出版社専用の棚を作ってもらい、そこに出版社から直接配本されるというものです。また、書店に営業をかける手段も存在します。但し、最近は大手の書店の場合、営業を断っているところもあるようです。

 流通に通じている出版社に任せれば、独自のルートも駆使して夢を実現してくれるはずです。書店、図書館、ネット書店に自著が並ぶ様を想像して下さい。自費出版の魅力が分かることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です