文学賞の受賞と商業出版

自作のフィクションを上梓したいのであれば、文学賞を受賞する他ありません。しかし過去に文学賞を受賞できた人は一握りの天才たちであり、彼らは数千倍もの競争率を突破した人たちです。そこに仲間入りするのは、およそ現実的ではありません。ですからどうしても諦められない人は、先ず自費出版に挑んでみるのも選択肢でしょう。しかし自費出版からすぐに商業出版が実現するわけではありませんから、しばらくは自費出版の制度に順応する必要があります。自費出版を始める契機は人によって様々ですが、経済的余裕さえあれば、誰でも始めることが出来ます。  自費出版で世に送り出す本の出来が、商業出版の実現に関係することは言うまでもありません。出版関係者とのコネクションなどの外的要因は運に左右されますから、先ずは自費出版する本の中身を充実させることに心血を注ぎます。その内容に光るものがあれば、出版社が興味を持つこともあるでしょう。自費出版するためには、専門業者を利用するのが一番です。最近は多くの自費出版業者が存在するので、じっくり比較検討しましょう。業者は全ての工程を一括して請け負っているところもあれば、一部の工程に特化して受注しているところもあります。目的に合わせて選択するようにしましょう。もちろん大手の出版社や印刷会社も自費出版を手掛けているところがありますから、HP等を参考にされるとよいでしょう。  最近は自費出版の件数が増えていることから、同時にトラブルの類も耳にするようになりました。特に経費に関する認識に隔たりがあると、後々トラブルに発展することが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です