影響力のある本と作家

出版社はベストセラー作品が生まれると、その作品の影響力、著者の為人を分析し、様々な可能性を思案します。例えばその本で使用された専門用語が人口に膾炙するようになると、一定の影響力を持っていると判断します。また、ベストセラーがロングセラーとして影響を与え続ければ、一層評価を高めます。著者の為人については、メディアへの出演を軸に、売り出せる人物かどうかを判断します。作家としてのオーラがあることは必須として、その他にも「流暢に話せること」「独創的な会話を繰り出せること」「容姿が優れていること」といった条件が一般的となっています。  1流作家になるためには、ヒット作を生み出した後、出版社のこうした要請に上手く応える必要があります。もちろん断ることも出来ますが、作家としての地位を長く保ちたければ、出版社との関係性を重視しないわけにはいきません。特にメディアへの露出は頻繁に要請されますから、それに向けての準備は欠かせません。例えば企業に勤めている人であれば、会社の許可を取り付ける必要があります。SNS等も、匿名にしたり、過激な書き込みを避けたりするなどの配慮が必要となります。  ところでヒット作を生み出す作家には、どのような特徴が垣間見えるのでしょうか。これは出版業界の人間にしか分からないことですが、自己主張の強い人は注目される傾向にあるようです。もちろん謙虚にならなければならない場面では、そのように振舞うことも出来る人を指します。彼らは状況に応じて適切な振る舞いを実践できる人たちであり、出版社としてもそれを魅力と捉え、仕事のオファーを行うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です