単行本と文庫本

自費出版する上で必要になる知識の一つに、製本形式の違いがあります。よく耳にする形式に、単行本、文庫本、新書等がありますが、皆さんはこれらの違いをご存知でしょうか。単行本とは字義通り、単独で刊行される本を指します。その一冊で完結しているという意味で、叢書や全集の中の一冊とは区別されます。一般に単行本の典型として知られているのは小説やコミックでしょうが、実用書やビジネス書であっても単行本と呼んで差し支えありません。実は単行本であることを示すマークが書籍には存在します。Cコードと呼ばれるもので、2桁目が0であれば、正式に単行本と認定されたものになります。全書籍に占める割合が最も高い形式ですから、見た目については今更説明する必要もないでしょう。  単行本は刊行に至るまでの経緯によって2つに大別できます。一つは過去に雑誌等に連載されたものを、改めて纏めて一冊の書籍に仕上げたものです。もう一つは書下ろしの書籍です。前者は連載時の原稿料と、書籍の印税とが対価として発生するのに対して、後者は印税のみが支払われます。  ところでコミックスはその性質からして叢書に当たると思われやすいのですが、実はCコード上は叢書に分類されていません。「雑誌、書籍、コミックス」という大分類が存在するため、もはや書籍ですらないわけです。但し、出版社による扱われ方は、Cコードに反していることもあります。  単行本の種類として、ハードカバーとソフトカバーとが存在することはよく知られていますが、出版業界では前者を上製本、後者を並製本と呼ぶことがあります。ハードカバーの本は高級本として、価格も高く設定されています。とにかく装丁がしっかりしていることから、保存にも向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です