自費での出版

自費で出版する場合、出版業界に不案内の人にとっては、かなりハードルの高い仕事になってしまいます。それでも、内容に自信があるなどであれば、自費出版を扱う出版社に掛け合ってみるというのもいいかもしれません。最近は、割合扱ってくれる出版社も多く見受けられます。うまく折り合えば、書店に並べてもらうことも可能でしょう。あるいは、ご自身講習会でもされているのであれば、できるだけ製作費用を抑えて展示販売する、という方法もあるかもしれません。とにかく最初は、先行投資ぐらいの気持ちで取り組まれたほうがいいのではないでしょうか。継続できるようなネタでもあれば、最初の出版で軌道修正できるところはして、次からは出版社へ相談してみるのもいいでしょう。ネットでという方法も可能かもしれません。いずれにしても、やはり成功するかどうかは、その本が世間に受け入れられるかどうかにかかってきます。自費出版の最大の利点は、ご自分の好きなように本を作れるということ。このことが逆に、成功するかどうかの鍵にもなっているということです。利益は求めず、ご自分が関係した人たちへ送って、読んでもらえればいいということであれば部数はできるだけ抑えて、納得のいく本を作られるのもいいかもしれません。その辺は、出版する目的に合わせケースバイケースで取り組まれる方がいいのではないでしょうか。最後に、利益追求を目的として出版される場合、(総売上)-(総経費)=利益というシンプルな式が成り立ちます。通常の出版社から出す商業出版に比べ、ダイレクトに部数が影響してきます。これほどやりがいある方法はないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です