自費出版本の販売

自費で出版された本が、“売れる”というのは、現実問題なかなか難しいようです。もともと自費で本を出版するのは、利益追求の書店で並べられている商業出版物と違い、どちらかといえば、著作者の意向にウエイトが置かれたケースが多いと考えられるからです。それでも、書店に並べてもらい、部数を増やしたいと目論んで経費をかけた結果が、思うように売れず返品の山を前に、「それでもいいか」とする覚悟があれば別ですが、思うようにいかないケースが多いのも現実のようです。自費出版物は全て売れない、ということではなく、掛けた経費に見合うだけの利益を最初から期待せず、経過を判断しながら柔軟に対応していく方がいいというぐらいの気持ちで構えていた方がいいように思います。ちなみに、本を販売するにあたっての経費について、どのようなものが予想されるか参考に挙げておきます。まず、出版社への「販売手数料」。他に取次会社への「送品運賃」、取次会社の「返品手数料」、出版社への「返品運賃」、依頼者宅への「返品運賃」。更に、必ずしも必須ではありませんが、新聞広告等への「出広費」や新刊広告の同報FAX費、書店営業巡回費用などがあります。商業出版物でさえ、出版社へ企画書を持ち込んで、企画会議等で協議・検討され、結果OKされ初めて販売されますが、必ずしも売れるとは限りません。大体企画を通過するのさえ、ほんの一握り、と言われています。定価をつけた本を売る、というのが如何に大変な事かをよく認識したうえで、第三者的な視点で判断してもらえそうな人の意見も聞いたりと、手を尽くしたうえで、これならいけそうだと判断されたならば、その先目指して事も進められた方がいいように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です