まずは何をするべき?

皆さんが「本」を「出版」する事で、人生の岐路が変わるという現実を目の当たりにした時に、どういった新たな方向性をみつけるかによって、その後の人生が180度違ってくるようです。「本」を出版する事が、皆さんのビジネスのチャンスを切り拓き、新たな可能性を生み出した時に、その成功をどのように受け入れるかによって、そのゴールの先に大きな異なりができるようなのです。出版マーケティングなどと呼ばれる、ビジネスと出版を結びつけた、いわゆる営業活動は、成功を収める事ができれば出版の素人でも、ビジネスの素人であっても、何かしらの大きなチャンスにつながる可能性を秘めているらしいのですが、問題点は、どうやって「本」を「出版」して、どのように「売りさばくか」というポイントだと思います。「本」を出版した事があるよ、という人は、そのノウハウなどをご存知だとは思いますが、素人が「本」を出版するなんてなかなか簡単に思いつく事ではないですよね。皆さんは、「本」はどのように出版されるものだと思いますか?原稿はどのように書くものなのでしょうか・・・、いくら「本」の出版にビジネスチャンスが眠っていると言われても、まずは、どうアクションを起こせば良いのかを見極めなくてはなりません。まずは、出版のしくみについて調査する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です