自費出版と書店(続き)

 自費出版の際に注意したいのは、どこかの書店に並べることはできても、任意の書店に配本することはできないということです。書店は配本を断ることが出来ますから、事前の了解を取り付けなければなりません。どうしてもお気に入りの書店に並べてほしい場合は、冊数や書店コードといった基本的なデータを予め把握しておきましょう。その上で丁寧にお願いする他ありません。また、仮に並べてもらえたとしても、順調に売れるとは限りません。実際、自費出版の本は、そのほとんどが書店から返却されています。

 さて、自著の製本が完成すると、出版社から段ボールに入った書籍の山が届きます。初めて自著を見た時は、誰しも感動するものです。そして著者にそのように喜んでもらうことが、出版社にとってのやりがいでもあるはずです。ただ、届いてからの行動には注意する必要があります。浮かれるのは分かりますが、周りに迷惑を掛けるような振る舞いは避けなければなりません。親しい友人や親類、知人には献本してもよいでしょうが、見知らぬ人に無理に手渡すのは避けた方が良いでしょう。また出来上がったばかりの本を辛辣に批判されることも覚悟しなければなりません。著者である以上、本の内容を褒められることもありますが、同時に批評されるのだという心づもりが求められます。例えば否定的に言及されたとしても、自分の本を読んでもらえたこと自体に感謝しなければなりません。もちろん反論する権利はありますが、感情的に攻撃するのは控えましょう。

 献本に対して、丁寧に礼状やコメントを送ってくる人もいます。そのような人に対しては、真摯に応じましょう。知人であれば、より一層絆が深くなるでしょうし、見知らぬ人であれば、新たなコネクションが出来るかもしれません。

自費出版と書店

 自費出版で負担できる費用は限られるでしょうから、多くの初心者は初めから書店に並べてもらうことを諦めています。しかし実際は楽観視できるものです。書店への配本は、確かに売れ行きの見込みに基づいて行われますが、冊数にこだわらなければ、新刊は大体店頭に並べてもらえます。そして流通の事情に詳しい出版社であれば、上手く交渉してくれるため、著者は大船に乗ったつもりで依頼することが出来ます。流通に関しては、自費出版も商業出版も、基本的な方法において変わりません。主流は2大問屋を介して、書店やネット書店に配本してもらいます。この「問屋方式」はさらに2つの手段に分かれており、委託配本と注文配本とがあります。委託配本は問屋から自動的に配本されるもので、書店の注文は関係ありません。一方、注文配本は書店が注文しない限り、配本されることはありません。

 ではその他の流通方法にはどのようなものがあるのでしょうか。簡単に言えば問屋を通さず、直接書店に依頼する方式なのですが、この方式も幾つかの手段に分かれています。一つは、書店と棚(スペース)を単位とした契約を取り交わすことで、配本されるものです。当該出版社専用の棚を作ってもらい、そこに出版社から直接配本されるというものです。また、書店に営業をかける手段も存在します。但し、最近は大手の書店の場合、営業を断っているところもあるようです。

 流通に通じている出版社に任せれば、独自のルートも駆使して夢を実現してくれるはずです。書店、図書館、ネット書店に自著が並ぶ様を想像して下さい。自費出版の魅力が分かることでしょう。

許可証の重要性

古物商許可証というものは持っていれば、安心ですが持っていない場合、例えば利益が発生する取引を古いものなどを用いて行う場合であっておかなければならないという風になる場合が多いという風に言われています。そして、自分自身が購入した古本などを利益を目的として、値段を設定して販売する場合には、きちんと届出が必要だということも覚えておかなければならない理由でこのような証明を代表するのが一般的に言われている古物商許可証であるという風にいえるわけです。当然のことながら、これによって許可された番号がなければインターネットでどんなに小さな店であったとしても開くことができず実店舗でももちろん1日たりとも営業をすることはできないということを覚えておくことがいるようで、特に、店舗を持つ際にも重要になってくる資金の調達という面においてもローンを組んだり銀行から融資を受けたりする際にも、古物商許可証の番号が必要になるため支援を受けられないという点も大きな痛手であるという風に言えるでしょう。そのような意味も込めてきちんと正当に古物商許可証の証明を取得するということが重要だという風に言えるかもしれません。出版業に関わりたいという人にとってみると、このような証明を取るのは難なく済むかもしれませんが、何も保証がない古本業などに関わるということになればいささか不安はあるという風に言えるのではないかと考えられます。インターネットなどでよく聞く話ですが、副業で古本屋を営業して繁盛している、などという風に言われるケースもありますが、そのようなケースで順調に成功する例は非常に稀で、ほとんどの人は両方がうまくいかなくなってしまい人生が破綻してしまうというようなケースに陥ってしまうパターンが多いのではないかと推測できるわけです、また、初心者の方にもありがちですが自分自身の家を倉庫の代わりにして鍵をしてみたい、などという風に考えている人も多いという風に言われていますが、残念ながら場所がすぐに埋まってしまい管理が上手にできなかったりするほか、生活と切り離して仕事を考えられなくなってしまうなどあまり大きなメリットはないという風に言ってしまってもいいかもしれませんね。

セルフサービスの欠点と利潤最大化の可能性

自費出版の中でも、セルフサービスはコストを抑えられるため、経済的余裕のない著者、本の仕上がりの出来に拘らない著者にとっては、大変有難いオプションです。しかしデジタル書籍ファイルを自身で作成する必要があるため、自動作成ツールが必須となります。出版社によって取り扱いの有無があり、自分のデジタル化の能力に合わせて選ぶ手間が掛かります。しかし裏を返せば、自らDTPまでこなせるくらいの能力があれば、セルフサービス以外の手段は考えられません。コストを最小化することで、自費出版の収益は想像以上に膨らむことがあります。

 原稿執筆以降の製本化工程に携われる著者であれば、自費出版会社を選択する基準は次の3つです。一つは登録料、二つ目は一部当たりのコスト、三つ目は流通ルート規模です。要は、登録料が安く、一部当たりのコストも低く、それでいて流通ルートが十分確保されている自費出版社を探せばよいわけです。しかし残念ではありますが、そのような出版社は先ず存在しません。2点を満たすのが関の山です。そこでお勧めするのは、著者自身が出版社の役割を果たし、直接オンデマンド印刷会社と交渉することです。もちろん個人で交渉しようとしても相手にしてくれませんから、形だけでも自分の出版社を起業することになります。出版社の起業は簡単ではありませんが、能力と元手さえあれば、実現できます。晴れて出版社名が決まり、ISBNを取得できれば、オンデマンド印刷会社も喜んで交渉してくれます。

 但し、出版社を起業する上で、幾つかの条件が存在します。起業をするのにも時間、労力、少しばかりの資金が必要になります。ですからそれに見合った数の書籍を出版する予定が無ければなりません。思い付きで1冊だけ作ろうとする人は、向いていないでしょう。

フルサービスとセルフサービス

多様な自費出版システムを理解する上で、一つの大別方法があります。それが、フルサービスとセルフサービスです。フルサービスを提供している自費出版会社は主に大手で、著者から原稿を受け付けて以降、ほぼ全てを代行してくれます。印刷や流通は外注することが多く、オンデマンド印刷会社がそれらを担います。とにかく初心者の著者であれば、フルサービスを選択するのが無難です。もちろん代行業務が膨れ上がることから、著者の準備しなければならない初期費用は相当な額に上ります。登録料はもちろんのこと、各種手数料の負担を覚悟しなければなりません。しかし大手のオンデマンド印刷会社、取次業者の手に渡ることを考えれば、人によっては格安であると考えられるでしょう。手数料の負担分をどこかで埋め合わせる必要があるのですが、多くの著者は本の代金に反映させます。つまり印税を極限まで減らすことで対応するのです。初心者の場合、売上を度外視して、一人でも多くの読者の手に渡ることを優先するものです。売上を最初から期待する人は皆無に近いのです。もちろん敢えて代金を高額にすることもできますが、その場合は売れないことを承知の上で対応することになります。フルサービスの利点として大きいのは、著者はコストを覚悟するだけで済むこと、つまり時間を節約することに尽きます。換言すれば、時間を買っているのです。

 フルサービスに対し、著者の仕事量が増える選択肢が、セルフサービスです。執筆以外の工程を手掛けることを、あまり苦にしない著者であれば、コストを相当下げることが出来ます。素人の著者が書籍製作の一部に携わるということは、書籍の仕上がり、完成度は、それなりのものになってしまいます。それでも納得できる人、時間に余裕のある人は、セルフサービスを利用されるとよいでしょう。

自費出版社起業の条件

著者自らオンデマンド印刷会社と交渉、契約するためには、自費出版社を起業する必要があります。起業の条件としては、今後多数の書籍を出版する予定であること、利潤を追求するだけの経営者精神を持ち合わせていること、マーケティング能力を備えていること、元手の準備が無理のない範囲で行われること(つまり経済的余裕のあること)、社会人としての礼節を弁えていること、DTPのスキルを身に付けていること等々が挙げられます。1冊のみの記念出版を目的として起業するのは愚の骨頂ですし、利益を度外視して起業するのも無責任というものです。また、全くの無銭で起業できるものでもありませんし、ビジネスパートナーとコミュニケーションの取れる人でなければ、経営は難しいでしょう。

 そして上述した条件の中でも特に大切なのが、最後の条件、すなわち、自分で製本工程に携われるだけの能力を備えていること、例えばDTP技術が身に付いていることです。複雑なソフトを使いこなせる著者は、それほどいないでしょう。自分が出版社を代行するのであれば、デジタルファイルを作成しなければなりません。DTPの知識が無い場合は、協力者を見つけない限り、起業するのは無謀です。

 ただ自費出版社の起業はハードルが高い分、成功すれば利潤の最大化を実現するのは確かです。単純比較にはなりますが、1部当たりの利益は倍増します。特に著者自身による掛け率設定を認めているオンデマンド印刷会社と契約すれば、利益を高望みすることができるのです。出版業界の掛け率は一般に、書店が40%、取次が60%前後ですが、自費出版であれば、20%という例も珍しくありません。20%なら、表示価格が1000円の自費出版書籍の場合、印刷会社の取り分は200円と印刷代数十円のみなのです。つまり残りの800円弱が全て著者の取り分となるわけです。

自費出版の国際進出

自費出版を考えている著者の中には、国際展開を考えている人もいるでしょう。特に英語で執筆する場合、海外でも読んでもらえれば、大きな満足を得ることができます。実際、大手のオンデマンド印刷会社は、英語圏のあらゆる国々に支社を構えています。そして取次業者の大手も、それらの国々に支社、販路を持っています。ですから、国際的なオンデマンド印刷会社と提携している自費出版会社に委託すれば、最終的には遠くの国の書店に自分の書籍が陳列されることになるのです。

著者がここまでの夢を描いたとしても、それを夢物語であると侮れないほど、自費出版業界は変貌しています。オンデマンド印刷業界が拡大したことで、自費出版の販路は商業出版並みとなり、著者のコストも小遣い程度に抑えることが出来るようになりました。著者は原稿を渡すところまでが仕事であり、以降はただ待っていさえすれば、売上に応じて収入が得られるというわけです。一昔前の自費出版の有様と比較すれば、大きな可能性を秘めていることがお分かりいただけるはずです。

このような実状を踏まえると、自費出版初心者であれば、まずもってインターネット書店大手のオンデマンド印刷を利用すればよいと結論できます。しかし、細かく自費出版業界を学ぶ中で、また自費出版にも慣れていく中で、より利潤を追求できるモデルもあることに気付くことでしょう。例えば、敢えてオンデマンド印刷ではなく、ハードカバー製本を選択する方が、総合的な満足を得られると判断する人もいます。特に予算に余裕のある人は、自費出版会社のそうしたオプションを利用するのです。

自分史のテーマを見つけられない

この文章を読んでくださっているみなさんの中には30代、40代の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自費出版における自分史はたくさんの人生経験がないとだめなのではないか、定年をすぎてからでなければ書けないものなんだと思い込んらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし、自費出版における自分史というのは人に見せる以外にも未来に向かっていくために過去をまとめて生き方の今後の羅針盤としたり、思春期の方であれば現在における自分の人生のあり方を再確認したりすることにも使えますので年令問わず行う価値のある活動だと思います。
そんな中で大きいものから小さいものまで自費出版の自分史のタイトルやテーマをつけていくのが難しいという方も多いと思います。
そこで、私になりにまずは例となるポイントを2点あげてみました。

  • 歴史を振り返る
    私は平成生まれに近い人間なのですが、宗教に関する大きな事件や社会制度の変化、経済の変化をはじめ、ITテクノロジーの発展と共に過去を類をみないほどに社会だけでなくそれにともなって人々の価値観さえもすさまじい勢いで今もなお変化は続いています。
    そんな中私達の世代であれば教育の変化も大きく、ゆとりやつめこみ教育など定義する言葉もかなり増えましたね。
    生きている以上、そういった社会の変化と関わりの無い方はほぼいないのではないでしょうか。
    そういったことに関して自分を語ってみるのはどうでしょうか。
  • 自分のいきざまを振り返る
    先程の歴史の変化について述べましたが次はそれに対して、自分がどのような生き方を選んできたか格好良く言えば生き様のようなものです。
    まだお若い方でも、どんな高校をどのような理由で選んだのか、なにがまだわからなくて、何を知りたいのか、などなどあると思いますが、自分の現在までの生き方についても書く価値が大いにありそうですね。

自分を掘り起こしてみよう

自費出版における自分史のネタ探しにおいて今回は、自分の歩いてきた人生を振り返るということ自分の起源について書くということ以外にみなさんにお役にたてるもの、いわゆるネタの作り方はないかなと考えました。
それでは早速例をあげていきましょう!

  • 趣味について書いてみよう
    若い頃から趣味を持っている方はそのハマっていることの総まとめとして書いてみるのはいかがでしょうか。
    私であれば別に小さい頃からではなく、ごくごく最近の話ですが多肉植物や観葉植物のポトスとサンセベリアを大量購入して
    育てているのでその育て方やおおまかな成長記録のまとめがそれに当てはまりますね。
    自費出版における自分史において、イラストやビデオカメラなどの映像作品などの作品集をつくるのも面白いと思います。
  • 文学をやってみる
    先程の趣味と似ていますが小説やエッセイ、童話、俳句・短歌などはじめるのに道具なども含めた敷居が低いことをしてみるのもいいかもしれません。
    頭の中のことをすぐにアウトプットできるので、みなさんの才能が現れてくるかもしれませんね!
  • 歴史について
    例えば、今住んでいる地域の歴史を学んでみるというのはどうでしょうか。
    私の町であれば、すぐ家の近くにお寺があったり小さいですが神社があったりします。

こういったものは普段目にしますが気にしていないものです。
ですが自費出版における自分史をつくるときにこういったことも調べて見ると自分のご先祖さまのことがわかったりすることもあるかもしれません。

古文書をみたり、そういったことを調べてまとめておくことで、みなさんが作られた自分史を他の人が見たときに効率よくその街のこともわかるかもしれませんね。

原稿つくりのコツ

自分史をはじめとした自費出版において原稿作りとはどのように行えばいいのでしょうか。
原稿作りは手書き原稿とデジタル原稿があると思いますが、それぞれによって制作のコツも変わってくるのではないでしょうか。
それぞれの場合についてみていきましょう。

手書き原稿の場合において、まとめにくくならないように同じ原稿用紙は使ったほうがよさそうですね。
あとで編集者が文字を読んで入力することを考えるとミスが起きないためにも1マスに1文字をしっかりと見やすい字面で書いていきたいですね。
何度も書き直したりすることもあるかもしれませんがその場合は新しい用紙で再度記入してしまったほうが後々のトラブルとそれにかかる時間を考えてもいいのかもしれません。
原稿用紙には通し番号をつけておかないと順番がわからないので、必ずつけておきましょう。
写真やイラストの挿入部分は指示書きも必要ですね。
デジタル原稿の場合はどうでしょうか。
近年だと手書き原稿よりも著者がパソコンでデータを作ることのほうがメインになっていますね。
編集者さんもそれをそのまま文字データとして使用しちるのではないかと思います。
なので原稿に問題がなければ、すぐ編集者さんのパソコンに移行することができるのではないかと思います。
しかし完全に移行できるようにしておくにはフォーマットが違うかったりすることを避けるためにもデータはテキストデータだけにしておくほうがよさそうです。
また、バックアップをとっておくことやもっと気をきかせるならコピーした用紙も渡しておいたりファイル一覧のファイルを作っておいたりなどしてもいいかもしれません。