WYSlWYG

当初は専用のワークステ ーションを使って行われたDTPも、やがてパソコンに搭載できるパッケージソフトの開発によって一気に、汎用性のあるものに拡大しました。 特にマックの存在が大きく、当時マックに搭載されていた独自OSの仕様でモニター画面表示とプリンター出力を一致させる構造になっていたからです。 このシステムをWYSlWYG(ウィジウィグ)と呼んでいました。WYSIWYGとは、「What You See Is What You Get )( 見たままが得られる)」の頭文字をとったもので、入力画面と出力画面が一致するよう表現する技術です。

 

3Aの連携

DTPの発祥地はアメリカですが、アメリカの三つの企業の技術がDTPを生み出してきました。最初に、実用的なDTPアプリケーションを開発したのはアルダスという会社です。pageMakerというソフトをアップル社のマックのプラットフォーム上で動作しました。そしてその技術はアドビ社の開発した ページ記述言語技術が用いられ ています。DTPの誕生はこの三社の頭文字Aを取って、 3Aの連携によって実現されました。 日本でDTPが実用化されるようになるには少し時間がかかりました。アルファベット文字だけで構成される英語と、漢字やひらがな、カタカナなど多数の言語で 構成される日本語の、フォントのデータ量の違いからです。しかし、 DTP導入後は瞬く聞に、国内の印刷出版業界で主流になっています。